竹炭は食用にもなる?副作用がある?

食用として竹炭を利用する場合には慎重に竹炭を選ばなければなりません。
そのため、部屋に置くような竹炭を食べてはだめですよ!
部屋に置いて消臭効果などを得るための竹炭は基本的にはどんな竹炭を利用しても効果を得ることはできますが、食用の竹炭では産地や製造過程なども確認しなければなりません。特に国産でない場合はきつい農薬などが使用されている場合がありますので安全の為にも是非国産の竹炭をお選びください。
竹炭は薬でなく食品なので食べたり飲んだからといって副作用などの健康被害はないようです。
ただ人によっては少し量を増やしただけで、下痢や便秘などの症状を引き起こす可能性もありますので注意が必要です。人それぞれ反応は違いますが、初めて竹炭を口にする場合は少量からはじめてよく体の状態を確認するのが良いです。
竹炭は水分を吸収するため、摂取する際には十分に水分を摂取していないと便秘になりやすいので十分な水分を摂取するようにして下さい。

●竹炭を飲むのは安全?
竹炭は一般的には調湿用として広く知られていますがその場合では低温で焼かれた竹炭がほとんどです。食用として使用される竹炭は800度以上の高温で焼かれたものが使用されます。安心して服用できる竹炭を購入するには、どのくらいの温度で焼かれた炭なのかを確認できる商品を選ぶことが大切です。
高温で焼いた竹炭でないとミネラルやケイ素などの竹炭独自の健康的な効果は得ることが出来ないという報告もあります。
最近ではどんな食材でも産地を確認して購入している人も多いかと思います。
食べ物は農薬や放射能などに汚染されていない物を選ばなければいけません。
安全な竹炭を選ぶためには産地をよく確認して、産地が表記されていないような商品は購入されない事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です